プッシュアップ

大胸筋をターゲットとしたオーソドックスな種目と言えるのがプッシュアップ。所謂「腕立て伏せ」ですね。自分の身体を負荷とする為、マシンなどを必要とせず、手軽に行える種目と言えます。うつ伏せになり、手は二の腕が床と平行になった時に、肘の角度が直角になる程度につきます。全身を真っ直ぐ伸ばして、上体を支えましょう。胸が床につく手前まで上体を落とします。手の幅を変える事によって負荷のかかる筋肉も変える事が出来ます。手の幅が狭いと、大胸筋よりも上腕三頭筋に多くの負荷がかかる為、広めのスタンスをとるのがおすすめです。手の幅を広くするほど、大胸筋への負荷が増えていきます。また、コアは固定するようにしましょう。全身がウエイトになるよう、コアから足首までを一枚の板状に固定しキープするのです。その為には腹直筋や大腿部の筋肉群まできちんと働かせる事が大切です。背中を反らせたり、腰を浮かせたりすると負荷が減ってしまうので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.