生活習慣の悪循環をみつけよう

近年、ストレートネックが原因とされる肩こり、頭痛、体調不良などに悩まされている方が少なくないようです。

特に最近では、スマートフォンの普及から、首を下に向けている時間が多い現代人の多くにみられる症状としてストレートネックが問題視されてもいるようです。

ストレートネックとは、本来、頚椎が持っている自然な S 字のカーブが喪失してしまうことを言うようです。

また、正常とは異なる逆のカーブを描いていることなどもあり、ストレートネックの方はどうしても体の中心軸よりも頭が前傾に倒れ前に突き出したような状態になっていることが多いとされています。

このような姿勢の悪さが、肩、背中、腰などの筋肉を必要以上に緊張させ全身の硬直などにつながってしまうこともあるようです。

全身の筋肉が緊張によって硬直することは、血液の循環の悪さなども生み出し慢性的な体調不良などにもつながると考えられています。

マッサージや整体に通院したり、スポーツトレーニングなどで筋肉の硬直を動かすことで、全身の硬直をほぐしながら、日々の生活のなかでの悪循環を見直していきたいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.