基本座法を 覚えてみよう

ヨガの座り方には次のようなものがあります。ヨガを行ううえでの基本座法を6種類紹介します。

どの座法も、足の親指を意識できるようになります。足の親指に力を入れると、足の裏がよく伸ば.され、土踏まずが正しい形をとります。土踏まずが左右どちらかでも正しい形を失うと、お尻と旺門が緩んでしまい、身体が傾き、背骨が歪みます。姿勢も内臓の働きも乱れ、全身のバランスが崩れてしまいます。

正しく座ると、背中は胸に向かつて動きます。着ているものを観察してみましょう。服が背中に密着してくるようなら間違っています。胸が着ているものと密着してくれば¥正しく座れているということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.